大晦日

今日は大晦日。
これまでの大晦日といえば
毎年欠かさず、15人くらいツレと集まって
朝まで飲み明かすのがシキタリになっていたけど、
今年は中国でひとり紅白見てます。。。
 
 
やっぱり寂しいですね。。。
 
 
ちゅうことで、生で紅白見たのは
10数年ぶりなんですが、
廃れてしまってますね、この番組。
 
 
僕の思っていた紅白ってのは、
今年活躍した歌手を集めてコンサートやるってのが
紅白歌合戦だと思っていたけど、
登場してくるのは、鉄板の演歌歌手と
オタク系に人気の(?)「AKB48」「リアディゾン」「中川翔子」・・・。

家族揃って見れる番組を無理やり作ってしまっている感が否めない。
 
 
これだったら、演歌歌手だけのご長寿番組にしてしまった方が。
それか、ガチで今年売れた歌手だけを呼ぶか。

前者の方が現実味ありますね。
 
 
とりあえず、今年の大晦日は寂しいす。。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

洗礼

今日は、会社の班長クラスの中国人と忘年会でした。
先輩からは、とてつもなくエラいことになると
聞かされていましたが、
やっぱり死にました。。。
 
 
前日は、前日比10度くらい気温が下がって
風邪ひいてしまいました。
夜は、熱は出るわ、関節は強烈に痛いわ。
もう、コンディションは最悪です。

そんな翌日の昼の11時から、集まった中国人はおよそ60名。
勇敢な日本人戦士は3名。

テーブルの上には、ビール、紹興酒、白酒、ワイン。。。
どうなるかわかりますよね?

行列のできる○○じゃないですが、
ホント、次から次へと乾杯を求められます。
中国の「乾杯」というのは、字のごとく
コップを乾かす、つまりイッキで飲み干すことなんです。

まずは、ビールでやってたんですが、
腹がパンパンになってきて、紹興酒に切り替えました。
あとは、よく覚えていません。。
 
 
 
3時間後、解放された私は、
自分のホテルの部屋でひとりゲロゲロやってましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下半身が軽い霜焼け状態になってマス。
もうヒリヒリするし、痒い。
始めは、蕁麻疹かダニにやられたのか、
それとも水虫かと思ったけど、
ほぼ間違いなく霜焼けの症状です。


それは、さておき今回は中国の国民性について思ったことを書きます。

前置きとして、
別に僕は政治的な反中とかを語ろうとは全く思わないし、
また、僕の見ている中国ってのは十数億人の内の
一部分だと思っています。
でも、それが少なからず中国の多くを語るはず、
と思ってます。


まず、中国人はB型が多いらしい。
統計結果から言われているので
ほぼ間違いないと思う。
タクシーの運転、バイクの運転、歩行者を見ていればわかるけど
ホント自己中心。
あちらこちらでしょっちゅう交通事故を見かけます。
 
 
中国人は自分の家は結構綺麗にしているらしいんだけど、
家から一歩出れば全てがゴミ捨て場。
街を歩いていたら小さな商店の入り口から
バナナの皮か焼き芋の皮が外に向かって飛んできた。
だから中国の街並みは汚い。
 
 
それと中国人は地域意識が非常に高い。
その代表的なのが香港人で自分が中国人では無いと思ってる。

僕の働いている会社には大きく3種類の中国人がいる。
1つ目は元々この地域に生まれ育った人。
この人達はジモティーということで、中堅職に就いている。
国民性はメチャメチャうるさい。方言も色濃く、日本で行ったら
河内弁みたいな感じ(だと思う。)

それから外資企業の労働力を求めて地方から移り住んできた人々。
多分もっと内陸地方に人なので、全体的に身長は低く色黒い人が多い。
立場的に一番弱い。

それから北京とかからやってきた幹部または幹部候補の人。
この人達は、難関大学を卒業し、家柄もメチャメチャボンボン。
会社でもらっている給料よりも、遥かに多額の副収入を得ているか
親が腐るほど金をもっている(らしい。)

この3種の人種が牽制し合っている感じである。

会社の中だけでなく、街中でもこの相関図は成り立つわけで。
日本のマスコミは、中国の対日とか騒いでいるけれども、
そんな空気は全く感じられず、むしろ地域間格差、地域差別の方が
強く感じられる気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月到来

12月到来。今年も残すところあと1ヶ月。
中国に赴任してから3週間目に突入した。


こっちに来てから毎日仕事の昼休みに
日本人でソフトボールをやってます。

会社の敷地でバッティングなんて
日本では無理やしね。

この前、会社の人が現地の人間にバックネットを作らせました。
会社の中にある廃品を利用して、4×4mくらいのが出来ました。
下が10cmくらい隙間あいてるし、
ネットとネットはインシュロック(配線を束ねるやつ)で
止めたやつですが、バックネット無いよりは全然マシです。


毎日やってると、肩がパンパンです。
昨日は、初めて1号ボールでエンタイトルの柵越え(約80m)
やりました。
おかげでボール無くなっちゃいましたが。。。


中国って、野球が全然普及していない。
大きなスーパーマーケットに行っても
サッカー、バスケット、卓球、テニス用品は
置いてあるのに、野球用品は全く見当たらない。


意外だったのは、中国ではバドミントンが
メジャーなスポーツらしく、
学生時代にやったスポーツは
卓球かバドミントンってくらい
メジャーのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蘇州遠征

昨日は、お付き合いのある会社の人が
中国で沖縄料理の店を出すということで
そのプレオープンに行ってきた。
 
 
会社の駐在日本人7人で、
隣町の蘇州という街まで
車で揺られながら約1時間。

結構な遠征である。
 
 
80人くらいは座ることのできる大きなフロアだった。

まだ、プレオープンということで
ビュッフェタイプの食事で。品数は少なかったけど、
日本から直送したラフテー(豚の角煮)や泡盛を
食べることができた。

味も美味しかったし、
ちょっと中国にいることを忘れてしまうくらいだった。
 
 
店内の階段で2階に上がると
大きなバーラウンジになっていた。

ついつい調子のって
きっついカクテルやブランデーを
飲んでしまった。。。

朝起きたら、軽く二日酔いでした。。。
 
 
 
今回は、プレオープンってことでタダだったけど、
普通に食べにきたら、結構値段するやろうなぁ。。。
今住んでいる近くにあったら、行くかも知れないけど、
車で片道1時間やし。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン屋 in 中国

中国にある日本人向けのラーメン屋に行ってきた。
 
 
「ラーメン定食」なる、
坦々面(定食のラーメンは全種類選択可)と
炒飯と焼き餃子のセットを注文したが、
多分、日本でこんな味のラーメン出したら、
3日で潰れるなって味だった。。。

まず、炒飯の味は、
うちのオカンが昨日のオカズの野菜の残りを入れて、
水っぽくなって、
「今日は失敗したなぁ~」
って時くらいの味。

焼き餃子は、包みに対して具が多すぎ。
皮が厚いのでパリッっといかない。
具は香辛料(塩、胡椒など)が足りない。

ラーメンは、スープがただ辛いだけで
水っぽいし、旨みがない。
野菜も、ニンニクが丸々1個分くらい輪切りで入ってるし。
これを思うと、日本のラーメン屋の
長時間、鶏ガラと豚骨を煮込んだスープってのが
どれだけ旨みを出しているのかってのが
よくわかる。
 
 
日本帰ったら、
王将の焼き餃子や
天下一品のこってりラーメンを食べたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お買い物♪

中国ではホテル暮らしです。
部屋の乾燥が気になるので、先週末に加湿器を買いに行きました。
 
 
出張で来ていた以前から、百貨店とかで何度か買い物していたので
中国語しか話してくれない店員さんには慣れましたが、
気になることがあります。
 
 
日本では、たいてい商品をカウンターに持って行ってお金を支払います。

でも中国は、売り場担当の店員に
「買います」宣言をすると
まず、伝票を書いてもらいます。
伝票を持ってちょっと離れた支払い場でお金を払って領収書をもらいます。
百貨店とかでも、1フロアに1箇所くらいしかありません。

それから再び売り場に戻って領収書を見せると
商品を渡してくれます。

(なんか、めんどくせぇ。。。)
 
 
それと、中国では電化製品とかを買うときは
その場で箱を開けて動作確認するのは当たり前。
故障していたり、付属部品が無かったりすることが
よくあるそうで。。。

中の上の値段の220元(約3500円)の加湿器を買いましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

居住予定地がっ!!

中国赴任直前になって居住予定地のホテルが
営業停止というハプニングに巻き込まれてしまった。
 
事務手続きでは、営業停止となるホテルの住所書いておいたのに
全部やり直し。。。
 
 
営業停止の理由は、どうやら経営者のトップが
マカオのカジノで大負けしたときに
警察に「何でそんな大金もってんねん!」
ってことになって、ホテル含め全ての事業をあらいざらい
調べられたあげく、営業停止に。
。。。脱税ってやつでしょうね。
 
 
まぁこれも噂だから、真相はわかんない。
 
 
よくわからない国である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発表します

え~。直接お会いした方には言っていたのですが、

私、今日から中国に赴任することになりました!

多分、2,3年くらい。

まぁ去年から出張ベースで180日くらい行っていた場所なので
生活面では、ある程度大丈夫なんじゃないかな、と。。。

でも、仕事は出張と赴任では立場も仕事の内容も違うわけで
こっちはとても不安ってのが、
今の正直な気持ちです。
 
 
 
昨日は天気がとてもよくて、夜も空気が澄んでいて
とても気持ちがいいものでした。
会社の帰り道、独り桑田佳祐の「月」を口ずさんでしまった。

最近、山崎まさよしがカバーアルバムを発売して、
その中にも「月」はタイトルインしていましたが、
やっぱりオリジナルの方が好きです。
 
 
 
長い間、ブログの更新が途絶えていましたが、
中国にいったたら、マメに更新していこうかと。

では、行ってきます!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Vista

「Windows Vista の発売後1ヶ月間で2000万本を売上げた」
というニュースが報道された。
Icon_boxshotultimatetab

この売上げはXPより上回るペースであるそうであるが、
俺のまわりでは、Vistaを使っている人は皆無である。
 
 
 
自分の会社では、Windows95、98、2000、Me、XP、NTと幅広く使用している
状況である。

家庭で使用する一般向けのパソコンソフトやパーツってのは、
大概WindowsXPが動作していればVistaでも
使えるようだが、業務用のパソコンソフトってのは、
使用者が限られている上、対応が遅い。

一部製造現場のパソコンは、
「Windows98じゃないと動かない!!」
といったケースさえある。

それ故、下手にVistaにバージョンアップができないのだ。
 
 
 
 
話しは戻って、一般向けのVistaについて。

「WindowsVista」の一番のウリ(?)は、
高いグラフィック演出「Aero」である。
 
 
高度なグラフィック処理を行うため、ちょっと昔のパソコンでは
対応していない場合がほとんどである。
(※「Aero」機能が使用できなくても、Vistaをインストールし、
 Aero以外の機能を使うことはできる)
 
 
今、自分が使用しているパソコンがVistaのインストールできるかどうかは、
マイクロソフトが提供している Windows Vista Upgrade Advisor
確認することができる。
 
 
確認っていっても、
「アンタのパソコンでは、能力が低すぎてインストールできませんぜ」
って、だいぶ上から目線で言われているような気がする。
 
 
また、これで確認できるのはインストールの可否だけで、
Vistaがサクサク動作するかの保証をするわけではない。
性能のベンチマークテストは、実際Vistaを導入後
「エクスペリエンスインデックス」にて検証する必要があるそうで。。。
 
 
 
まぁ、何にしろ、
自分は当分の間はVistaの購入検討することはなさそうだ。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧