M-1レビュー

年末バタバタしていて書き忘れていた
「M-1グランプリ2005」のレビューをここで書くことにする。

優勝はブラックマヨネーズであっが、
関西で育ったオレにしてみれば、
ブラマヨは既に関西の中堅芸人の実力を有していると思うし
M-1に出てるのが不思議なくらいであった。

今回のM-1の決勝を見ていても、その差は歴然で
成るべくして優勝した、という感じであった。

笑い飯は惜しかった。
ただネタに新鮮味が無かった差が敗因だと思う。
 
麒麟も決勝戦は面白かった。
しかし、最終決戦は普段では考えられない勢いだけでのネタで
明らかにネタ切れ、レパートリーの少なさを露呈してしまった。
 
 
 
昨今の「お笑いブーム」は、
音響とか(陣内、HG、長州小力、・・・)
とか(はなわ、波田陽区、・・・)
コント?(安田大サーカス、ペナルティ、・・・)
などを用いたリアクション重視の笑いである。

言い換えるなら「」で楽しむ笑いである。
それらだって確かに面白い。
 
 
 
 
でも、彼らはM-1では勝てないだろう。
 
 
スタンドマイク1本で道具を使わずに観客を笑わせる
」で楽しむ笑い。
 
 
そういう芸人がもっと出てきてもいいのではないだろうか。
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
mink / Rescue Me -君がいたから- (アルバム「e+motion」より)

ブルボンの「アルフォートミニチョコレート」のCMソングにもなっている曲。
さすが「天性のボーカリスト」と言われるだけのことはある。

spt_key_big


| | コメント (0) | トラックバック (0)