« 青春時代 | トップページ | 新入社員、最期の日 »

アンフェア

フジテレビ系ドラマ「アンフェア」が最終回だった。

unfeir
 
 
 
最終話まで連続殺人事件の犯人がわからなくて
誰だ誰だ?と思っていた。
 
 
結局犯人は主人公、雪平(篠原涼子)の課に入ってきた新米警官
安藤(瑛太)であったが、
一番ベタで面白くない展開でちょっと残念だった。
 
個人的には、薫ちゃん(加藤雅也)が犯人だったら面白かったのにと思う。
 
 
 

それにしてもこのドラマ、射殺シーンが多いんだけど即死しすぎである。
もうちょいネバって欲しいものである。
 
 
 
 
トータルで見れば、ここ最近のドラマの中ではトップクラスの面白さであった。
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
Destiny's Child / Survivor

アンフェアの挿入歌として要所々々に使用されていた曲。
ドラマの雰囲気にぴったり嵌っていた。

|

« 青春時代 | トップページ | 新入社員、最期の日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79492/9213701

この記事へのトラックバック一覧です: アンフェア:

« 青春時代 | トップページ | 新入社員、最期の日 »