« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

県庁の星

土曜日、朝一から北山のアースホールに出向くが
とんでもない釘の締まりっぷりに即撤退。

それにしても寝かせがキツかった。。。
 
 
 
 
仕方なく、家に帰ろうとする途中、映画館の前を通りかかったので
映画を見ていくことにした。

映画館に入る前までは特に見るものも決めていなかった俺。
 
 
上映プログラムを見ていて目に入ってきたのが、
県庁の星

 
そういやテレビCMやっていたなぁ。
 
 
なんとなくで県庁の星を見ることにする。

今日が封切りであったということには後から気づいた。
 
 
mo4004
 
ストーリーは県庁勤務のエリート公務員である織田裕二が
民間企業との人事交流を図るため
とある三流スーパーマーケットで半年間研修を行うことになる。
そこで、教育係となったパートの柴咲コウと出会い、
スーパー再建を通して
互いに欠乏していた人間味を戻していくというベタな展開。
 
 
 
なんか、バックヤードでの在庫整理とか消防の立ち入りとか
自分の仕事に重ねてしまって
いつの間にか映画に感情移入してしまった。
 
 
それと、脇役の佐々木蔵之介と奥貫薫がよかった。
ああいうポジションの役、大好きです。
 
 
そんなこんなで結構楽しめた。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
絢香 / I believe

TBS系ドラマ、輪舞曲(ロンド)の主題歌。なかなか良い。
世間では有望の新人であるそうだが、
個人的には一発屋になってしまうような気がする。

歌唱力はあると思うんだけど、ずば抜けた感じもしないし、
声質にこれといって特徴があるわけでもないんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

R-1グランプリレビュー

先週の日曜日、R-1グランプリの決勝が行われ
「博多華丸」という芸人が優勝した。
 
 
博多華丸といえば、
フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげさまでした」のコーナー
「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で何度か出演している
アタック25の児玉清のものまね一本の芸風。
 
 
 
博多華丸も面白かったけど、決勝のビデオを3回を見ると
さすがに飽きが来てしまった。

繰り返し見ても面白かったのは、
「あべこうじ」「バカリズム」

繰り返し見ても面白いヤツが本当に実力があるのではないだろうか。
 
 
 
最近、お笑い業界は吉本興業一本ではなくなって
松竹芸能とか人力舎とかマセキ芸能社とか
他の芸能プロダクションからも
面白い芸人が出始めているなと感じる。

でもホントに面白いな、上手いなというお笑い芸人が
なかなか見当たらないなぁ。
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
Cocco / 音速パンチ

少し陰のあるような曲を歌ってきたCocco。
今作はガラッとイメージを変え、ロックな感じの曲である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲んだ帰りに「電池姫」に出逢った。
 
 
てんしょんが3あがった。
うんのよさが3あがった。
ふぃじかるが7あがった。
 
 
どうしてカワイイ人を見ればテンションが上がり、
生理的に受け付けないようなオッサンとかを見ると
テンションが下がってしまうのだろう。。。
 
 
それでその日の仕事の力の入り具合が左右されてしまったりするから
困ったものだと自分で思う。
 
 
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
何も語らぬ人々 (「きらきらひかる」サウンドトラックより)

数年前の深津絵里主演のドラマ「きらきらひかる」のサウンドトラック。
深津絵里の主演のドラマってなんか説得力のあるドラマが多いきがする。
きらきらひかる、彼女たちの時代、天気予報の恋人、カバチタレ!、
恋ノチカラ、スローダンス。。。
中でもきらきらひかると彼女たちの時代がよかった。

でも西遊記は見ていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠りから目覚めて想うこと

最近、寝ている間によくをみる。

しかも、変な夢ばっかり。。。
 
 
 
 
第1話
友達(♀)に襲われる。それだけ。
 
 
 
第2話
弟が家でスーパーファミコンをやっている。
えらいグラフィックがキレイなゲームだと思ってたら
ファイナルファンタジーXIIだと言う。
ffxii_artwork_200605

ffxii
 
来月3月16日にPS2で発売するやつを
スーファミでできるなんて。。。
 
 
 
 
 
第3話
どうやら俺は主人公っぽい女の子の設定らしい。

その世界は、どうやら日本らしいのだが
鎖国政策をしているようだった。
しかし身の周りには海外製の商品があふれていたし、
物の輸出入はできる環境らしい。
 
 
そして軍隊的な登山教育がおこなわれ、
上官(先生?)らしい人間に目を付けられる。
主人公はアウトローな生き方が好きなようだ。
 
 
 
話が進んでいくと幼少時代の1年間分の記憶が無いことに気づく。
 
 
どうやら、小説「バトルロワイヤル」の
再教育プログラム」的なことが
国民全員に行われ、その際に記憶を書き換えられるようなことが
行われるはずだったが
自分だけそれを逃れたようなそんな話だった。

 
正義感あるその主人公は
鎖国していることに疑問を持ち
そして、その空白の1年間を調べようとする・・・
 
 
 
 
 
 
 

どれもこれも変な夢ばっかり。
しかもかなり鮮明に覚えていた。

レム睡眠・ノンレム睡眠について興味深い記事を見つけたのでリンクしておく。
http://allabout.co.jp/health/sleep/closeup/CU20030822/


―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
東京事変 / 秘密 (アルバム「大人」より)

東京事変のニューアルバム。
前回のアルバム「教育」は、ソロ「椎名林檎」と一線を画したスタンスで
つくられたように思うが、
今作は「椎名林檎」を、しかも初期の林檎を前面に出していると言えるだろう。

この曲も「丸の内サディスティック」のような雰囲気が漂う。
ベースが格好良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の色は・・・

FlowerTitle

この句の本来の意味は、

「美しい花の色は、この長雨が降っている間に色褪せてしまった。
 それと同じく、私が物思いにふけっている間に、
 私の若さも過去のものとなってしまったのだ。」

というものである。

これに応えて
「女(ひと)の心も移ろいやすく・・・」
と言われる。
 
 
 
なるほどなぁと思ってしまう。
 
 
 
 
この前、ちょっとした集まりがあって
そこに来ていた女性をみて、
ふと、このフレーズが頭をよぎった。
 
 
 
別に恋とか好きとか
そういう感情を汲み取ったわけじゃないんだけど。
 
 
 
なんとなくね。
 
 
 
ちょっとした期間もで人は変わるもんだなと思った。
 
 
 
 
 
「男」って生き物は
言ってることとやってることが違う生き物。

「女」は
考えていたことがすぐに変わる生き物。

ではないか、と経験的にそう思う。
 
 
 
男は自分の一回言ったことには責任をもってしまうというか
なかなか気持ちを切り替えられない。

対して女はよりよい新しい考えが出来れば、
今までの信念なんかも平気で変えてしまえるような

そんな気がする。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
アンダーグラフ / パラダイム

以前「ツバサ」がスマッシュヒットしたアンダーグラフ。
どこかしらGSサウンドと通ずるようなメロディラインと歌い方。
 
 
そういえば、中学生のときに無性にはまっていたSMILEというバンドも
そんな感じだったなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

歓迎会

アメリカへ1年間留学して帰ってきた友人の歓迎会を
いつものところで、相も変わらずのメンバでやってきた。
 
 
中には今年就活組もいて、今日も就活してきましたよ
ってスーツを来てきてる人もいて
 
 
「みんな大人になったよなぁ」
 
 
ってちょっと思ったけど、やってることはセイガクのときとかわらない。
 
 
 
 
そして、2軒目はいつものBARに行ったのだけど、
トイレが既に壊滅状態
 
小っさいほうの便器には、洗剤が溢れており
大っきいほうの便器のまわりには、リバース痕がちらほら。
床には便器から溢れ出した、洗剤やらなんやらで
靴がネチャネチャ。。。
おまけに洗面所も詰まっている。
 
 
 
やってられねぇなぁ。。。
 
 
 
俺らも結構この店のトイレでヤンチャやらかしてきたけど
ここまで酷い使用はしてない(はず)。

勘弁してくださいよ。
 
 
 
 
そしてカラオケに行こうと店をでて歩き始めると、
外が寒いからっていう理由で、途中にあった店になだれ込む。
 
 
 
 
なんと焼肉屋
 
 
 
腹いっぱいやって。
 
 
 
酒もいっぱい飲んでるって。
 
 
 
で、何故に焼肉よ?

そんなこんな言いながらも、みんな一皿ずつくらいは
頼んで食っていたから面白い。
 
 
 
 
やっとのことでカラオケで到着。

懐かしい歌をひととおり歌い終わると、
本日の主賓をはじめ、大半が寝てしまっている。

これではイカンと、
主賓の大好きな織田裕二の「Over the Trouble」を入れて
全員でホスト張りの合いの手を入れて、主賓を起こすことに成功。

 
それにしても、
「まっちゃん、まっちゃん、ラッキー、ラッキー」
って合いの手って。
 
 
 
久しぶりに精も根も尽き果てた感じの週末だった。
 
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
長渕剛 / CLOSE YOUR EYES

映画「男たちの大和/YAMATO」のテーマ曲。
結構アツくさせてくれる曲となっているが、

♪CLOSE YOUR EYES 瞳を閉じれば
あなたが私に 微笑みかけるよ♪

って英語と日本語でおんなじこと言ってたりする。

そして、サビの部分はエアロスミスの「I Don't Want to Miss a Thing」
とよく似ている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

芸能人占い

しばひろ氏が面白いことやってたので。
オレもやってみた。

結構当たってたりする。。。

**************************

ぎーさんの魅力を芸能人に例えると?

ぎーさんは芸能人に例えると稲垣吾郎タイプです。
あなたはクールで落ち着いた魅力があります。
ナルシストでとっつきにくい印象を持たれることもありますが、
明るい面もあり親しくなるほど味が出てくるタイプです。

ぎーさんの人気度は?

男性支持率65%

女性支持率65%

ぎーさんを支持するのは20代の女性が中心です。
あなたの男らしい頼もしさで、若い女性たちの人気を集めそうです。


どんな芸能生活になる?

もしぎーさんが芸能人になったら、脇役の役者として成功しそうです。
主役として前面に出るよりも、味のある脇役として
ドラマを盛り上げていくことが出来る存在になりそうです。

ぎーさんが選ばれるのは?

・彼氏にしたいタレント 23位

・結婚したいタレント 14位

・抱かれたいタレント 23位

・友達にしたいタレント 28位

・甘えてみたいタレント 3位

・上司になって欲しいタレント 3位

・オシャレなタレント 7位


ぎーさんの芸能界適性度は?(各最大20ポイント)

スター性 7.5
感性 8
体力・忍耐力 10


ぎーさんの芸能界適性度は40%です。
あなたはとてもしっかりしている面があり、少々のことではへこたれない
忍耐力があります。もっと自分に自信を持てば、
更にあなた自身の魅力がアップして、人気が出てきそうです。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
マツリルカ&アリス / HUG~抱きしめてください~

最近モデル出身の歌い手が増えている気がする。
木村カエラ、片瀬那奈(ちょっと古いか。。)、柴咲コウ(モデルやった気がする)
でもこの曲はそんな中でも、不作な気がする。
音楽的に薄い。
プロデューサとかに恵まれなかったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モノの見る角度

「CMのCM」ってコマーシャルを知っているだろうか?
コマーサルと称するサルがテレビを見ている女の子とやりとりする
ほのぼのとしたCMである。

その中に出てくる、とある女の子。
20051231011144

高津飛鳥っていう人らしい。
CM中では、おっとりした癒し系っぽく見えるが、
次の写真を見てほしい。
112

この写真も、同一人物。
バリバリのモデルさんである。
 
 
 
テレビってこともあるだろうけど
設定とかメイクとかでこんなにも変わるものなのだ。

 
 
 
人間モノの見せようで、
人にイイように見られてたり、またその逆も然り。。。
 
 
目の前にある仕事を、ただこなしてるだけのような日が続いてしまっていて
でも、それって職場のまわりの人にどう思われているんだろうって。。。
少しはまわりにイイように思われるような見せ方をするのも大事じゃないか
って思った今日この頃。
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
SOULHEAD / XXX feat. KODA KUMI

倖田來未がシングル12週連続リリースの中で「D.D.D. feat. SOULHEAD」
という曲を発売したが、その逆feat.バージョン。
どっちかというと、こっちの方が好み。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »