« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

ニセコ

週末、会社斡旋のスキー旅行で北海道ニセコに行ってきた。

2泊3日、朝夕食事有り、2日分リフト付き、飛行機代込み。
本来なら5,6万円するプランだと思うが、
会社が一部負担してくれたので25000円だった。
 
 
北海道のスキーコンディションは
パウダースノーで滑りやすい!」
と聞いていたので楽しみにしていたが、少し違った。

確かに北海道の雪はパウダースノーである。
ウェアがビチョビチョに濡れることがないし、こけても痛くない。
 

しかし、 
 
 
「寒い!」
 
 
 
 
「寒すぎる!!!」 
 
 
ネックウォーマーとサングラスとの間の無防備な部分が凍てつく。

そして、断続的にやってくる猛吹雪。

ほぼ視界はゼロ。
自分がどっち方向に滑っているのか、わからなくなってしまい
気持ち悪くなってしまった。。。

 
天候の良いときに滑れば北海道スキーは楽しいんだろうなと感じた。

 
 
されども滞在中の食事はハズレはなかったし、
スキーのコンディション悪を差し引いても十分満足のいく旅行であった。
 
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
アンジェラ・アキ / 心の戦士

日本人の父と、イタリア系アメリカ人の母を持つ、女性シンガー・ソングライター。
初回限定版シングルには「ファイナル・ファンタジーXII」の映像と
PV等を収録したDVDがついているらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0.5枚の攻防戦

山形県まで泊まりで出張に行ってきた。
 
 
山形のある装置メーカに装置を作ってもらったので、その最終立会いってやつだ。
 
 
入社1年目の俺にとって、立会いなんて初めてなので何もかも手探り状態。
そんな中、自分に課せられた役割は、それなりにクリアできたかと思う。
 
 
 
 
 
 
1日目の立会いが終わり、宿泊はビジネスホテルを手配していたのだが
先方が別に宿を用意してくれていて、その御好意を受けることになった。

俺はとてつもなくデカイ温泉旅館で圧倒されてしまった。
r_384911img20050331213324


広間で夕食を食べ、旅館内にある芸子付きの飲み屋で2次会をし、
部屋に芸子も呼んで3次会。
 
 
 
そこで、俺は「0.5枚の攻防戦」に勝ったのだ。
 
 
 
 
・・・これ以上は恥ずかしくて書けないけど。
 
 
 
勝ちました。
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
ウルフルズ / サムライソウル

今年40歳を迎えるトータス松本。
とても40歳とは思えない歌のパワーを感じさせる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Xbox360とPS3

年末に売り出されたXbox360

発売延期や不具合による回収、
また発売当初は本体に対するソフトの購入数が1本を割り、
「とりあえず本体だけ購入する」といったユーザーが結構いたそうで。
 
 
でも、そのゲーム機の性能は今までのゲーム機と
比べ物にならないくらいスゴイ(みたいだ)。

雑誌で、Xbox360用のソフト「PGR3~プロジェクト ゴッサム レーシング3
が紹介されていた。
そう、テレビCMでも放送されている、あのレーシングゲーム。

TGSCountach198

車のボンネットへの映像の映りこみ。
車が接近すると観客がのけ反るAI。
トンネルから抜けたときに周りがまぶしく見える明順応を
忠実に再現したHDR。

また自分の持っているCDをHDDに保存しておくか、
携帯音楽プレーヤーを接続しておけば、
ゲーム中のBGMに使うことだってできる。
 
 
思わず衝動買いしたくなってしまった。
 
 
 
 
でも、そこはグッと抑えて。
 
 
 
 
 
俺の本命はXbox360ではなくて今春発売予定のPS3なのだ。
media

いくつものキャラクターを同時に動かすことのできるセルプロセッサCPUや
ソフトはブルーレイディスク仕様。
軍事機器でも使われている最新技術が使われているだけあって
本体価格は5万円超えの可能性もあるとか。。。
 
 
 
高ぇ。。。
 
 

―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
SURFACE / さぁ

1998年に発売された3枚目のシングル。
これで、そこそこ注目されるようになった。
B'zの稲葉のようなシャウトを使いこなし、
ミスチルの桜井のような甘いフェイスをもつボーカルの椎名。

俺は当時から、
「SURFACEって顔はミスチルの桜井で
 歌はB'zの曲をもっとポップにした感じだな」
ってよく思ったものだ。

(SURFACEファンの方すいません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事の出来る人間って

今、新しい設備導入の仕事をやっているのだが、
「仕事」ってホント大勢の人間が関わって成り立っているんだなと
つくづく思い知らされた。

俺は新米だから、出来る仕事っていったら
会社の入口から荷物を台車で持ってくるような仕事から
ちょこちょこっとした配線とか、
パソコンの設定とか、
そんな仕事しかできてないが。。。
 
 
 
そんな中で、「すげぇな」と思ったのは、俺のグループの人達って
皆が、自分が直接関係しているかどうかに関わらず
全体状況を把握できているってことだ。

言い換えるなら、「この仕事は、どこどこの業者が何日にやってくれている」
と言ったように、ここの作業の事はコイツに聞けばわかるってことが
頭の中にキチンと入っているのである。
 
できて当然のことのように思えるけど、
なかなか出来ることではない。
 
自分に必要な情報と、もっていても仕方ない情報。
情報を順位付けして、整理しておかないと
すぐにパンクしてしまう。
 
 
頑張って見習わなければ。。
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
KAHIMI KARIE / SuperFreak (towa tei remix)

鳥のさえずりのようなカヒミカリィの歌声をtowa teiがうまく調理しているなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シールドって何よ

今やってる仕事っていうのは、
装置の配線、取り付け、線と端子を結線したりしてるのだが、
大学での勉強が足りてねぇなぁと気づかされる。

大学の講義って基礎的なことばかりで
実践的な内容ではなかった。
電界、磁界の計算なんて使うことないし、
もっとハンダ付けとか装置の組立とかやっとけばよかった。。。
 
 
 

 
ここで、「信号用電線」の話をひとつ。
 
そもそも電線は、電流が行って戻ってくるため2本で事足りるわけだが
工業用の電線って3本線である。

sl_078a


この3本目の線は「シールド(遮蔽)」と言われるもので、
自身が電流を流したために生じるノイズや
外部からのノイズが信号に侵入するのを防ぐために存在する。

また、2本の信号線をツイストすることで、ノイズを防止することができる。

こういう知識は電気工学に携わる人間だけでなく
音響マニアの世界では常識であったりする。
 
 
実際どれくらいの効果があるのかは、不明であるが。。。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
信近エリ / SING A SONG (アルバム「nobuchikaeri」より)

昨年、大沢伸一プロデュースでデビューした新人。
ミディアムテンポの打ち込みサウンドで
最近の大沢氏の趣向が反映されてるなぁと思わされる一曲。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あれから2日目・・・

ジャーマンを喰らってから2日目。
 
 
手足の痺れや視覚異常といった直接的な異常は見受けられない。

でも、まだ頭が重い。。。

今日は電車に乗って少し酔ってしまった。
三半規管をヤラれてるのだろうか。

本調子までは、まだまだのようだ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
倖田來未 / Lies

12週連続シングル発売の第5弾。
しっとりとしたダンスミュージックとなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

M-1レビュー

年末バタバタしていて書き忘れていた
「M-1グランプリ2005」のレビューをここで書くことにする。

優勝はブラックマヨネーズであっが、
関西で育ったオレにしてみれば、
ブラマヨは既に関西の中堅芸人の実力を有していると思うし
M-1に出てるのが不思議なくらいであった。

今回のM-1の決勝を見ていても、その差は歴然で
成るべくして優勝した、という感じであった。

笑い飯は惜しかった。
ただネタに新鮮味が無かった差が敗因だと思う。
 
麒麟も決勝戦は面白かった。
しかし、最終決戦は普段では考えられない勢いだけでのネタで
明らかにネタ切れ、レパートリーの少なさを露呈してしまった。
 
 
 
昨今の「お笑いブーム」は、
音響とか(陣内、HG、長州小力、・・・)
とか(はなわ、波田陽区、・・・)
コント?(安田大サーカス、ペナルティ、・・・)
などを用いたリアクション重視の笑いである。

言い換えるなら「」で楽しむ笑いである。
それらだって確かに面白い。
 
 
 
 
でも、彼らはM-1では勝てないだろう。
 
 
スタンドマイク1本で道具を使わずに観客を笑わせる
」で楽しむ笑い。
 
 
そういう芸人がもっと出てきてもいいのではないだろうか。
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
mink / Rescue Me -君がいたから- (アルバム「e+motion」より)

ブルボンの「アルフォートミニチョコレート」のCMソングにもなっている曲。
さすが「天性のボーカリスト」と言われるだけのことはある。

spt_key_big


| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

2006
 
 
今年も健康に一年を過ごせたらいいなと思っていたら、
元旦早々怪我してしまった。
 
 
大晦日の夜。
いつものメンバーと毎年恒例となっているいつもの店に繰り出す。

「魚民」→「スーパーボウル」。

そして店を出たときに事件は起きた。
 
 
急に体の後方を取られ、宙に浮く俺。
 
 
 
 

人はその技を、こう呼ぶ。
 
 

「投げっぱなしジャーマンスープレックス」
 
 
 
 
 
 
次の瞬間にはアスファルトに側頭部を強打しその場に蹲る。

1件目で普通に飲んで
2件目でテキーラショットのイッキ飲みをしていた俺には
受け身なんて取れるわけがない。

その後3件目に行くが、ただ寝ているだけだった。

2,3時間して、みんなと解散して電車に乗って家に帰った。
 
 
 
 
そして朝起きると、かなり頭が痛いことに気づく。
頭には大きなタンコブが。
額にも擦り傷がある。
親はかなりナーバスになって、いろいろ言われる。

そして念のため、病院に行ってCTを撮ってもらった。

診断結果は「異常なし」ということであったが、
脳内の出血っていうのは、1週間くらいしないとわからないそうで
また来院しないとダメらしい。。。
 
 
新年早々、散々な目に遭ったもんだ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
MONDO GROSSO / Laughter In the Rain (アルバム「Closer」より)

1997年発表のこのアルバムは、最近のデジロック・トランス系の楽曲と違い
UKソウルなテイストに仕上がっている。
美容院で髪を切ってもらっているときとかに聴きたい曲である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »