« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

dorlis 学園祭ライブ

同志社大学の学園祭の前夜祭ライブを見に行ってきた。

お目当てはdorlis。

dorlisの曲はインディースの頃から聴いている。
2003年の秋くらいだろうか。
dorlis

そのとき「24時間世界一周」という曲を知ってdorlisが好きになった。
少しハスキーな声で、それでいて声量があって。
弦楽器や管楽器を取り入れて、
ラテン系のような、ジャズ系のような。

全て俺の好きな音楽の要素を兼ね備えていた。

曲は、よくよく知っていたが、顔を見るのは初めてである。
トリのような髪型で、椎名林檎のような妖艶さを放つ衣装で登場。
めっちゃかわいかった。

今年1月メジャーデビューを果たし
TBS系ドラマ「汚れた舌」の主題歌に決定。
またCDのジャケ写が魅力的で、
少しずつ世間の認知度が上がってきたのではないだろうか。
jack_swingin_party

ライブは、今月発売されたニューアルバムの曲を始め、7曲を披露。
スウィングオーケストラバージョンにアレンジされた曲は
学園祭の雰囲気にマッチしていた気がした。

大変満足なライブであった。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
dorlis / ダブルエイジェント (アルバム「swingin' party」より)

今月発売されたアルバムに収録。ライブでも歌ってくれた。
スウィング感全開の格好イイ曲である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋のドラマ

秋のドラマは中盤から終盤に差し掛かろうとしている。

今回の秋のドラマでは、
TBS系の「ブラザービート」と「今夜ひとりのベットで」を見ている。
仕事が終わる時間の関係で、木曜日に放送されるこの2つドラマが都合がいいのだ。

中でも「今夜ひとりのベットで」が好きである。
モックンがイイ味を出しているし、
ガラス陶芸家演ずる奥菜恵がかわいいし・・・。
08

あらすじは、本木雅弘と瀬戸朝香の夫婦に
要潤と奥菜恵がそれぞれに接近して複雑な関係になっていく。

瀬戸朝香が、すでに気が瀬戸に無いモックンに勘付き始めると
まともにテレビ見てられなくなって
ついつい報道ステーションにチャンネルを変えてしまう俺。

そんな感じで、ドラマを楽しんでる。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
Craig David / Walking Away

イギリスの2Step系アーティスト、ってことくらいしか知らない。
スネアのビートがとても心地よい曲である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同期飲み会

更新が滞ってしまっていた。。。

家帰ってパソコンは付けるのだけれど、
会社でパソコンの画面見っぱなしだから
ブログを書く元気が出ない。

どうやら俺は生産設備という職業ではなくて
SEなのかもしれないと感じる今日この頃。


先週3日間に亘って、新入社員一同が関西の事業所に集結して研修があった。
関東組とは5ヶ月くらいぶりの再会である。
3日間とも研修終わってから飲みに行った。

ただ3日目の壮絶な飲み会となってしまった。
26人中6人が昇天する様。
連れ同士で飲んだら、そのお役は間違いなく俺に回ってくるはずなのだが。

「クライムするときは、トイレか外でやってね。」
・・・って昇天寸前の人間に言ってもしかたないわな。
同期には面倒見のいい奴がいっぱいで、
助けてあげる光景が見ていて微笑ましくあったりした。


俺の連れなんか、泥酔した俺から(盗まれないように)
財布や持ち物を抜き取って道端に放置


そんなもんです。


でも、そんな奴等が好きなんです。


きちっとしてる所はしてて、
アバウトな所はモロにアバウトなところが。

話がちょっと反れた。
15人程度の旅行の幹事はしたことあったけど
こんなに大勢の幹事はしたことがなかった。
自分のMG能力不足だなぁと感じさせられた。

同期の皆様これに懲りずまた飲みましょう。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
サンボマスター/拝啓、ジョン・レノン
  (アルバム 真心ブラザーズ「真心COVERS」より)

アップテンポの原曲とは打って変わって、スローテンポで
そしてロックテイストを前面に出した感じに作り変えられている。
正直、泣きそうになった。
ずるいね、ニクいね、サンボマスター。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »