« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

サウナ

週末である金曜日の夜。
会社の異動してきた人の歓迎会も早々に
友達と合流した。

合流した時点で、
週末を迎えた開放感や仕事上の問題とか色々相俟って、
かなりお酒を飲んだ俺は既に出来上がってしまっていて、
数時間後、トイレに駆け込むことになる。

しんどぉ。。。

その後、通常時の20%くらい回復した俺は
みんなとサウナに行った。

銭湯に付いているサウナじゃなくて、
仮眠室とセットになっているサウナ。

「サウナ」って、すごくヤクザーな感じがするのは俺だけだろうか。
一生で一度も行かない人が大半ではなかろうか。
48-034a1
(写真はイメージです)

泊まる必要があればビジネスホテルを利用すればいい。
それなのに敢えて「サウナ」という存在。

利用者のほとんどが、
・日雇い労働者っぽい人。
・住居不定っぽい人。
・それとフリーターっぽい若者である。
(あくまで見た目の判断)

立地場所は風俗店などが立ち並ぶ地帯の雑居ビルだったりするのがほとんど。

だからってわけじゃないけど、
サウナ行くとき、そしてその前後の行動のときの俺は
戦闘モード」になる。

俺の「戦闘モード」とは、
気の張った、周りの空気に非常に敏感になっている状態。
喰うか喰われるか。
サバイバルゲームをやっているような感じとでも言っておこうか。
(実際にはサバイバルゲームなんてやったこと無いけど・・・)


このときの自分が一番自我が開放されている状態で好きだったりもする。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
東京事変 / 修羅場

フジテレビ系のドラマ「大奥」の主題歌となっているニューシングル。
林檎嬢ワールド全開で、初期の頃の曲に似ているのでは?
ベース音が強めで俺好みである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

POWER PLAY

最近気になる曲を2つばかり。。。

ひとつ目は月桂冠「月」のCM。
永作博美が台所のグリルの前で金目鯛が焼けるのを見つめている。
アングルが切り替って、まるでネコのような目をする永作博美がすごくイイ。

永作の話はこれくらいにしといて、
このCMの歌を歌っているのは安藤裕子
pro

元ちとせのようなビブラートが特徴的。
元ちとせ、矢野真紀、クラムボン、桃乃未琴とかに雰囲気が似てる気がする。

CMに使われているのは「のうぜんかつら」という曲で
来年1月に発売されるアルバムに収録予定。


ふたつ目は、加藤ミリヤの「ジョウネツ」。
このCDの販促CMで、UAの以前ヒットした「情熱」が流れてくる。
それもそのはず。この曲は、UAの「ジョウネツ」のサビの歌い出し部分を
大胆にサンプリングしているのだ。
カバーやREMIXとは異なり、音源をそのまま使うというスタイルに
「やられた!」って感じだった。
SRCL-5955

歌唱力もすごいものがあって、
宇多田ヒカルよりも巧いのではないかと俺は思っている。

どちらも今後注目していきたいアーティストである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディープインパクト

菊花賞を観戦に京都競馬場に行って来た。

中学3年のときにPS版「ダービースタリオン」というゲームに嵌って
実際の競馬のコトもいろいろ覚えたけど、
今となっては、そこまで熱が入らねぇなぁ。

今回は、サラブレッドの最大殊勲であろう
皐月賞、東京優駿、菊花賞という3歳牡馬の3冠が
ディープインパクトという馬に掛かっている。
しかも、これまでの戦績負け無しというおまけつき。
無敗の3冠となれば21年ぶりのシンボリルドルフ快挙だそうで、
その強さをこの目で見ておきたかった。


朝まで雨模様であったが、昼過ぎには晴れ間も広がって
コンディションも良好。

競馬場に着いて人の多さに驚く。
051023_15270002


JRAの公式発表の来場者数はまだ出ていないようだが、
スポーツ新聞などによると正午時点で9万人越えというから驚きだ。

ディープインパクトを1着固定の3連単で遊びに行くも
オッズ1.0倍の単勝100円のオマモリ馬券もきっちり購入。
051025_00050001


レースの方は、スタート直後掛かり気味のディープだったが中盤で立て直して
最後の直線で刺し切り見事優勝したのだった。

やっぱ強いわ。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
めいなCo. / THE MAIKU HAMA THEME
(アルバム「THE MAIKU HAMA THEME ORIGINAL」より)

サントラには「KYOTO JAZZ MASSIVE」が参加した曲も収録。

3年くらい前に日本テレビ系で放映されていたドラマ「私立探偵 濱マイク」。
主演は永瀬正敏で、
監督が毎作替わるといった一風変わったコンセプトのドラマであった。
1話完結型であるが、かといって話のオチは無く
「ここで終わるんかいっ!」
といつもツッコミを入れたくなるような感じで
それが前後と話が繋がっている風に仕立てあげているのかもしれない。

主題歌がEGO-WRAPPINの「くちばしにチェリー」であり
映像も音楽も玄人好み設定であったかと思う。

永瀬と交際疑惑の、映画NANAの主演で一躍有名になった
中島美嘉が共演していたのも抑えときたいところである。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

美食倶楽部?

久しぶりにパチンコのノリ打ちをした。

3人でCR大海物語のフルスペックタイプを打った。

43玉交換だが共有アリの条件であったからよかったものの、
普通に一人で打つなら到底勝てるわけがない。

3,4年前は、いくらか勝てる条件の店があったので
「シゴト」と割り切って、機械のように打ち続けたものだった。
今となっては、そんな店は京都のどこに行ってもない。

時代は変わったなぁ。

結果は友達が大当たり37回という、
自己記録を大幅に更新する活躍をみせてくれて
一人あたり55000円勝ち。

ツイタ。

パチンコを打ち終わったあと、その3人で「京都ホルモン」という店に行った。
先斗町の三条通近辺に位置するその店は
見るからにそれなりの値段がする感じの店構えである。

k460500v

馬肉のレバーを食べ、そして特上カルビ2人前を注文する。

1人前1980円也。

特上カルビ2人前だけで普段の外食1回分の値段と思うと
些か戸惑いをおぼえたが、
それは特上カルビを一切れ口にするだけで一蹴された。

肉のスジを一切感じさせない、溶けるような食感。
たっぷり脂が乗っているはずなのに、脂の嫌らしさが全くない。
肉自体の旨みを殺さず、引き立てるように下味が付いている。

旨い。

食べてるときに友達が、
「肉の焼き方は表7:裏3の割合で焼くのが一番マズイ焼き方だと
 (美味しんぼの)海原雄山が言うてた」
という、うんちくを紹介してくれたが、
この時の俺にとっては、そんな些細な焼き方の違いなんてどうでもよかった。

旨い。来てよかった。
(次はいつ来れるかわからないけど。。。)

その他にもホルモン系や熱燗などを堪能し、
占めて21000円。

今週はスロットで勝ったので彼らに奢ることになっていたが、
まさかこんな値段になるとは。
まぁ、そのかわり今日はパチンコで足引っ張ったし。

彼らにも、自分にも、
ごちそうさまでした。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
BBメドレー (Hyper 赤飯 Mix)
(アルバム 「大都技研 ヨシムネ MAGEMIX」より)

パチスロ吉宗のサウンドトラック第2弾。
ちなみにボーナストラックには、
当時未発売だった「押忍!番長」のInstrumentalが入っている。

朝起きてテンション上げたいときにお薦めである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミュニケーション

自分の部署に正式配属されて、2週間が経とうとしている。

これから、どんな仕事やっていくのか
おぼろげながら見えてきた。

支給された机やイスやパソコンにも、やっと慣れてきた。


今更だけど、改めて会社っていろんな人間がいるんだと気づく。

定時になると、ベルが鳴った瞬間に帰る人。
毎日昼休みに、建屋の前でテニス(みたいなの)をやってる人。
夕方になると、おもむろに電気シェーバーを出してヒゲを剃り始める人。。。

まぁ、↑そんなことはかまわないんだけどね。


ただ、挨拶しても無視する人。
これは解せんね。
会社の敷地内ですれ違ったときに軽く会釈すると、

シーン・・・。

こういうとき30分はへこむ。


また、狭い喫煙室で誰かと2人っきりになると
何を話していいか分かんなくて、とまどってしまう。
仕事で直接関わりない人とは尚更である。


やっぱ、先輩から声掛けてくれなきゃ困るよな。。。
幸い、1年上の先輩達はイイ人でよかった。


来年後輩が出来たら、自ら話し掛けよう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
レミオロメン / 蒼の世界

さわやかな曲でカラオケで歌いたくなる感じ。

最近は、カラオケで歌いにくい曲ばかりである。
エフェクトで声質や音階を変えていたりする。

口笛や鼻歌で口ずさめる曲って減ったよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくとアントニオ

※今回はかなりマニアックなネタを題材にしています。
あしからず。。。


今日、ひさしぶりにアントニオと遊びにいった。

朝一のアントニオはごきげんさんで、わずか1本でかかった。
アントニオが出す6択クイズにも2回連続正解し、
チャッ、チャッと踊りだすアントニオ。

次に2回連続注入があったのにもかかわらず2連しか続かない。

昼過ぎには、高確からTC突入して10連越えで
4000枚は軽く超えていた。

しかし、ここから夜までじわりじわりと削られていくことになる。
リングの上で折りたたみイスに座り、ダンマリ決め込むアントニオ。
俺の腕の疲労は限界に達していた。。。

そして残り700枚を切ったとき奇跡が起こった。
シングル成立時になぜか注入が発生。

???

何が起こったのかわからなかった。
自分が持ち得る情報にはこんなことはありえなかった。
(後になって調べてみると、どうやらレアシングルってやつで
10000分の1くらいの確率らしいです)

この中で運良くTC50を2回引くことができ、
最後になって、何とかアントニオは僕に微笑んでくれた。


今日のファーストインプレッション:    1000円
お昼に食べた惣菜パン:          130円
アントニオと一緒に過ごした時間:  プライスレス。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
BENNIE K / Sky

コカコーラのタイアップ曲となった前作とはガラッと曲調が変わって。
リスナーに聴かせようとする感じの曲。
ラップ部分がノイジーですね。
ソロで歌えばいいのに。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢バトン

モッちゃんから夢バトンを渡されたのでつれづれなるまま書いてみる。
07099263
※写真のイメージと本人は異なります。

★小さい頃、何になりたかった?
プログラマー、CGデザイナー

★その夢は叶ったか?
それなりに。
遠からず、近からずって感じ。

★現在の夢は?
遠い将来は
カラクリ屋敷みたいなマイホームを建てること。
何かコラムとかを世に出版してみたい。

近い将来は
嫁さん、っつうか彼女つくる。
西田尚美みたいな人やったらええなぁ。

★宝くじで3億円当たったら?
とりあえず、豪遊して飽きたら株でも買うかな。
必死で株の勉強して第2の人生を歩む。
 
★あなたにとって夢のような世界とは?
ドラエモンがそばにいてくれるような世界。

★昨晩見た夢は?
うろおぼえなのだが、家の中で女性と2人で森高千里の「渡良瀬橋」を唄ってて
音程があーでもない、こーでもないって練習していた夢だった。
♪今でも 八雲神社でお参りすると あなたのこと祈るわ~♪

★この人の夢の話を聞きたいと思う人は?
マクリン氏。
見てくれた人、書いてくれるとうれしいです。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
Vo Vo Tau / 希望の橋

今回の新曲は、スローなテンポのR&B。
散発的に聞こえるピアノの音色が効果的で
打ち込み音楽だと思われるが、
寂しさの中にどことなく温かさが感じられる仕上がりになっている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブログ巡回

「真鍋かをりのココだけの話」を筆頭に、
芸能人のブログが急増している。

定期的に巡回しているのは
「真鍋かをりのココだけの話」
→「古田敦也公式ブログ」→「木佐彩子のほほんblog」

それと、
蒼井そらの今日のSOLA模様」。
蒼井そらといえば、AV女優だったりするのだが、
なんかソウイウ仕事をしてるとは感じさせない、
ありのままを書いたブログで面白い。
文章のセンスもよし。

それで、蒼井そらのブログにもたびたび登場する河辺千恵子の
ちえこです!ブログです!山田です!
タイトルには、本名とはまったく関係のないのに、
「山田です!」
をタイトルにするセンスが気に入った。
頻繁に更新されるというのもよい。


そして、最近のお気に入りが
相沢真紀のブログの巻」。
レースクイーン出身の彼女は、今は日テレの「ものまねバトル」や
「黄金伝説」、「MTM」などバラエティーに出演している、
いわゆる”バラドル”ってやつですか。
癒されてます。
めっちゃタイプっす。。。

これだけ、たくさんのブログの巡回するときに重宝しているのが、
「Heimdallr」
という、RSSリーダー。
普段デスクトップに張り付いていて、
更新のあったブログのタイトルを随時表示してくれるスグレモノ。
RSS対応の芸能ニュースなども登録しておけば、
芸能情報には困らない。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
横山健 /Believer (アルバム「The Cost Of My Freedom」より)

横山健はHi-STANDARDのギターリスト。
ハイスタは2000年に活動停止しており、自然消滅状態となっている。
ハイスタ活動停止後、横山はソロとして活動していて
これは2004年2月発売のアルバム。

ハイスタと変わらぬ、攻撃的なギターとメロディックな曲調を継承している。
さすが元祖「メロコア」!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張

今週(いや日曜日になってしまったから正確にいうと先週か)
福知山まで日帰り出張に行ってきた。
目的は福知山工場の見学。

初めての出張。

そして出張って思っていたよりも面倒くさいことに気づく。

チケット申請とか清算せねばならないし、
移動時間差っぴいたら実働時間なんてわずかである。

目的地までJRに乗ってタクシーに乗って2時間あまりで到着。

新入社員らしく、現場の人に技術的な質問をどんどんぶつけてやろうと
意気込んだのも虚しく。
連れて行かれたのは工場の所属している工業団地の資料館。

????

何を説明し出すかと思えば、工業団地の歴史を説明し始めた。

(おいおい、小学生の社会見学じゃあるまいし・・・)

結局、午前中はそれでおしまい。

昼飯を食べてから、会議室でプロジェクターを使っての説明が始まった。
ここでも、やっぱり「福知山市とは・・・」から始まった。

(市の人口とかどーでもいいんだよ!)

と心の中で思っていると、まわりの同期がチラホラ居眠りし出す始末。
対面の同期の人間はフラワーロックみたいにアタマを回転させている。

ついに2番目に説明をしてくれた人が、大声で怒る演出まで発展。
以後微妙な雰囲気になってしまった。

やっと本題の工場見学に入り、担当者に質問をぶつけてみると
「もっと勉強して来い」だの
「こうなるから、そうなる」みたいな的確な答えが返ってこない。
終わりぎわには「私はここの代表者ではない」みたいな
責任逃れ的な発言もあって、これには正直アタマが痛かった。


話は少し戻って、講義や会議中の聴講者の居眠りというのは
もちろん、聴講者の体調や聴く姿勢が原因で起こるものあるが、
発表者が相手に聞いてもらえるような努力が足りないがために
聴講者が居眠りしてしまうのではないか。

今回のケースは明らかに後者の要因が強いと思う。
「人の振り見て我が振り直せ。」

オッサン、参考にさせてもらうよ。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
清水ミチコ / 野球中継 (The Baseball Radio)
 (アルバム「歌のアルバム」より)

このアルバムには参った!
「ものまね芸人」というジャンルの開拓者の一人である清水ミチコが
新旧いろいろな人のものまね、歌まねを織り交ぜた一枚。

野球を全く知らない実況と解説の2人が解説するという、
新しい発想に感服。

「SBOが決め手ですね」の一言にはやられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »