« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

放置プレイ

入社してからずっと工場実習をしているわけだが、
今回、別の実習先に移動した。

完全に放置状態にさせられる。

前回は掃除とか作業補助などをさせてもらえていたのだが、
今回の場所はオートメーション化が進んでいることや
他の要因も相まって作業をさせてもらえない。

人手もぎりぎりの数でやっているからかまってもらえないわけだ。

つっ立っているだけで金をもらえていると思えば聞こえはいいが
けっこうな拷問である。

少しでも気分を紛らすために
歌うたったり、ストレッチしたり、筋トレしたり、
ブログのネタ考えたりしている。

拷問から開放まであと2ヶ月・・・


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
友達のサイト日記でコミックについて書いていたので
自分も少しばかり書いてみる。

俺ってあんまし、入れ込んで読んだ漫画がない。
全巻読破した漫画といえば、
「ドラゴンクエスト」
「スラムダンク」
「今日から俺は」
「天使な小生意気」
ってところだろうか。

「ドラゴンボール」でさえピッコロ大魔王戦以前は
あまり覚えてない。
「今日から俺は」は面白かった、うん。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
GLAY×EXILE / SCREAM

ビジュアル系の王道を走ってきたGLAYと
ダンスユニットのEXILEがコラボレーション。
どうも音楽業界の不況がこうさせているような気がしてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CULB HOUSE

11

先日の連休、クラブハウスで行われた
ライブの4日券が抽選で当たったので行ってきた。

初めてのクラブハウス。

どんなところか全くわからなくて、不安だったが
俺の好きな「MONDO GROSSO」の大沢伸一や
「テイトウワ」が出演するということで
思い切って行ってきた。

ものすごいベースの効いた音が鳴り続けているフロアは
それだけで新鮮だった。

大沢伸一とかテイトウワとかのMAIN DJが一人いて
その他にGUEST DJとして何人かのDJが前後に
皿を回すスタンス。

CDとして世に出ているものとは違ったジャンルの曲ばかりで
初めてのクラブハウスとしては、結構楽しめた。

ただ、クラブハウスは一人で行くところではないようだ。
カップルで行くか、
それか一人で行く場合は、本気で好きな出演者が来るときだ。
実際、一人で来てた人は男女問わずいたわけで。。。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
Armand Van Helden / U Dont Know

クラブハウスで流れていたような曲を探していて見つけた曲。
こういったジャンルは肩の力を抜いて聞いてられるから好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョゼと虎と魚たち

映画「ジョゼと虎と魚たち」を見た。

キャストが妻夫木聡と池脇千鶴で
男前なのに、ちょっと荒んだ人間関係をもっている
主人公に共感してしまい、
現代の若者の在り方というのか
自分に非常に近い視点で描かれていて感動した。


ちょっとストーリーについて解説する。

結構前の映画になるので、若干のネタバレも無礼講ということで。


主人公の妻夫木聡は大学4回生で
雀荘のメンバーをやっている。
ひょんなことで自分のことをジョゼという女の子
(池脇千鶴)に出会うことになる。
彼女は生まれたときから足が不自由で
彼はそんな彼女と付き合うことになるが、
結局別れてしまい、
健常者である前の彼女と縁りを戻してしまう。

はじめは人助け的な気持ちも相まって好きになってしまったけど
身障者である彼女に対する
社会の目や家族の目が気になって
そして自分の無能さに、許容力の無さに気付き
やがて打ち崩されていく。

所詮、一大学生、一若者にできることなんて
大したことないんだと感じさせられた。


劇中音楽を担当していたのは「くるり」で
それもまた良し。
ストーリーと絶妙にマッチしていた。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
くるり / ハイウェイ

映画「ジョゼと虎と魚たち」の主題歌。
主人公の彼女の気持ちが、よく映されている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Season in the Sun

夏。
それにしても毎日が暑い。

夏と季節はどうも好きになれない。
暑いというのはもちろんのこと、
蚊の存在が無性に腹が立つ。
自身、人よりよく刺されるってこともあって
ホント毎日2,3箇所は刺されるからたまったもんではない。

ここ何年かは35℃を越える日があっても
普通って感じになってきているが
俺が小学生だった頃は35℃を超える日なんて
なかったと思うんだが
やっぱり温暖化の影響なのだろうか。

それにしても電車の中は
どうしてこんなに暑いのだろうか。
朝の通勤時間とか人の多い時間帯と
昼のガラガラの時間帯と設定温度を
変えてないのではないか?

そもそも温度設定が間違ってないか?
冬はみんなコートなど着て外出しているのに
電車の中は薄手のロンTで余裕なくらい暖房が入っている。
それなのに夏はTシャツ一枚でも汗が出るくらい暑い。


余談だが、アミノサプリのCMを歌ってるコーラスの人って
TUBEの前田に声似てないか?
異様に耳に残ってしかたない。。。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
ケツメイシ / 東京 (アルバム「ケツノポリス4」より)

今作のケツノポリスは、すごくイイ!!
1曲目の「ドライブ」はもちろんのこと、この「東京」は
都会の寂しさというか、息苦しさというかが伝わってくるような感じ。
今年は仕事の関係で何度か東京に行ったのだけど、
そのとき感じたことと重ね合わせてみたりして聞いている。
くるりの「東京」もいいけど、ケツメの「東京」も今後押していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ISOってどうよ

俺の勤めている会社は、有機溶剤とか、粉だとか
いろいろな材料をつかってるにもかかわらず
「環境ISO14001」ってのを取得している会社である。

簡単に説明すると、会社の敷地から排出される
全てのモノを監査対象物として
環境に配慮した経営を行っている会社のみが認証される。

これを取得していないと
環境にうるさいヨーロッパでは相手にしてくれない企業だってあるらしい。

環境にはいいんだろうけど、
働いている人間にとってはえらい面倒くさい。

休憩室で飲んだペットボトルは周りのフィルムをはがして捨てる。
事務所では、紙からホッチキスの針を取ってから捨てる力の入れよう。
ゴミは、だいたい7種類にも分別して捨てなければならない。
ちょっとしたゴミがポケットに入ってたりしたときは
面倒くさいので、駅のホームまで持っていって捨てたこともあった。

なんだかなぁ。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
ボニ義 / 真夏の果実 (アルバム「REMINISCENCE」より)

「ボニ義」とはBONNIE PINKと斉藤和義のユニットで、サザンオールスターズの
「真夏の果実」をカバーしたもの。
BONNIE PINKのかすれたファルセットがいい感じである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン

今週パソコンを買った。
寺町のパソコンショップでショップメイドのパソコンを購入。

今まで使っていたものは5年前くらいに買った、
SOTECのCPUがPentium3 933MHzの製品であった。

そして今回買ったスペックは、
Athlon64 3000
SDRAM 1GB
DVDスーパーマルチドライブ
HDD SATA 160GB
ってところだ。

以前の機械は、DVDがついていなかったので
DVDが使えるようになったことが目に見える変化で
体感速度も上がってすこぶる快適である。


僕は、パソコンのスペックはだいたい理解して買ったわけだが、
世の中には必要以上の機能がついたパソコンを
高い金出して買っている人が多いのではないかと思うのだ。

ワープロやってインターネットするくらいであれば、
5万(ディスプレイは別売と考えて)あれば十分満足できるパソコンが買える。

しかし、そこらへんの電気製品量販店では、
20万円前後で売っているわけだ。

パソコンメーカーは機能をどんどん向上させることに必死で、
一方で消費者はそれについていけてない。

メーカーと消費者との意識のズレは想像以上に大きい。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
Sowelu / Morning Train

先月発売されたシングル「Let's go faraway」のc/w。
缶チューハイのCM「カロリ」に使われている。
この曲はSheena Eastonの「My Baby Takes The Morning Train」のカバーである。
また、このCMは前作もBONNIE PINKが洋楽のカバーを歌っていた。
(The NolansのI'm in the mood for dancing)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »