« 調整登板 | トップページ | れいざーらもん »

Teenage Dream

中学校のときの同級生(♀)が
ドイツに永住することになり、暫く会えない、
もしかしたら最後になるかもしれないので会ってきた。

彼女とは中学1年と3年の時に同じクラスで
親友?クサレ縁?ってほど当時は仲良かった記憶もないんだけど、
年賀状も毎年出し合ってたり、たまに飲み行ったりと
大学になってから仲が深まったというか
ずっと交友が続いてる数少ないヤツである。

中学→高校→大学と10年も同じ学校でいると
共通の話題で話がやむことなく
15時過ぎに喫茶店でしゃべり始めて
途中晩飯食べに店をかえたものの
終電近くまでしゃべっていた。
それでもまだまだしゃべれそうだったのがおそろしい。


しゃべっていて、俺たちってかなり得しているのではないかと思った。
私立中学に入学できたということは、
少なくても勉強するには不自由しない環境にあるってことだ。
俺なんかは狭い狭い家に住んでいて、
どこかの社長の令嬢であったり、医者の子とかにはレベルが違うけれども
それでも勉強するには、みんな不自由してなかっただろう。

大学で他の高校から来た友達とか、会社の同期の話聞いたりすると
勉強に挑むハングリーさや、考え方ひとつとっても違っているなと感じた。

どっちがいいのかってのは、ひとえに言い切れないけれども
俺はこの学校に中学から来れたことに満足している。
そして、この環境で育ったなりに
何かしらアウトプットして行かなければならないのではないかと思うのだ。

中学の頃って、何考えていたかなぁ
もっといろんな将来考えていたよなぁ

もう一度、昔のことを思い出して
決してくだらない人間にならないように、
自分を失わないように
考え直そうと思った一日だった。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
DEEN / Teenage Dream

小学校卒業の頃によく聞いていた曲。
俺は、当時の明け方この曲を聞いていて
なんだが泣いてしまった思い出がある。

|

« 調整登板 | トップページ | れいざーらもん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79492/4623933

この記事へのトラックバック一覧です: Teenage Dream:

« 調整登板 | トップページ | れいざーらもん »