« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

トラバ

こんなミクロなブログでも
なんとトラバしてくれる人がいたことが
昨日、発覚!!

いやぁ、なんだか感慨深いものがある。

トラバの内容は
「今日の一曲」のアーティストや曲が
引っかかっている模様。

これからも頑張って続けていこう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「今日の一曲」
YUKI / JOY

JAM解散後、ソロで頑張って活動してる。
芸能ニュースによると1歳になる子供が不幸にして亡くなったそうだ。
病気で亡くなったそうだが、非常にかわいそうな話だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

gigabeat

ついにHDD型オーディオプレーヤを購入した。

今年に入ってから、「価格.com」の値段を
ずっと注目していた。

2月ごろに25000円台後半になったときが一瞬だけあって、
そこまで結構トントンと下がってきてたので
様子見をしているうちに27000円台前後に落ち着いてしまった。

で、最近見てみると、なんと29000円!!

あれーっ!元にもどってるやん Σ(゚д゚lll)ガーン
しかも2倍の容量を持つ20Gタイプと1000円しか変わらんしー。

とだいぶ購入の意欲が減退していた。

ところが今日の朝、新聞の折り込みチラシをみると
近所のヤマダ電機でポイント還元を考慮すれば、
なんと28000円!

価格.comの値段は表示価格に送料と手数料がかかってくるから、
さして変わらない値段に!
どうしてこんな身近にあるんだー!
と、おもわず購入。

我が家のPCはUSB1.1しかないので、
データ転送にストレスを感じさせられるが、
一回転送してしまえば大丈夫なんで、そこは我慢。

いくつかのファイルが転送不可と言われて
はじかれてしまうようだが、
それに関しては検討中ー。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
Tokyo No.1 Soul Set / Jive My Revolver

お経を朗読してるのではないかと思わせる歌い方。
一度聞いたら忘れられない一曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症

花粉症がひどくなってきたので、
病院に行ってきた。

耳鼻科や眼科ではなく、
そこは長岡京市にある某内科である。

1ヶ月ほど前に、血液検査と内服薬をもらいに
来院していたのだが、
本格的に症状がひどくなってきたので、
今回注射に来たというわけだ。

雨にもかかわらず、夕方の診療受付30分前には、
入り口に入るのがやっとの混雑ようである。

この病院は、通常の花粉症の症状の鼻水をとめるとか、
目がかゆくなくなる、といった
一時的な症状の抑制をするのではなくて、
ステロイド系の皮下注射によって
花粉に過敏に反応してしまう症状を
元から改善してしまうというもの。

かなりキツイと思われる薬だけに、
説明の書いたA4の用紙を10枚くらい渡される。
狭心症とか喘息もちの人は
危険であるといったことが書いてある。

まぁ俺には縁のない病気だし、
この花粉症によって発生する
ストレスから解放されるとすれば、
ちょっとくらいの副作用は問題ない。

おしりのやわらかい部分に注射を一刺し。
さほど、痛くはなかった。


注射してから数時間たったが、
まだ効いていないようだ。
10年前に注射したときは、ウソのように症状がなくなったのだが、

明日になれば治っていればいいのだが。。。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
宮本浩次 / タイトでキュートなヒップがシュールなジョークとムードでテレフォンナンバー

俺が知っている曲の中で一番長いタイトルの曲。
歌詞もおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ハロプロ

以前のコラムでハロプロに触れたので、
ハロプロについて、もうすこし書いてみる。

「ハロプロ」といえば、
「モーニング娘。」を核とした歌って踊れるアイドルを
輩出している事務所であることは
いまさら言うまでもない。

しかし、「モーニング娘。」とソロユニットとでは、
レコード会社が違っていたことを知る人は多くはないはずだ。

順を追って話すと、
モー娘は「Zetima」に所属しているのだが、
後藤真希、市井紗耶香は「PICCOLO」からCDを出している。
安部なつみ、藤本美貴は「hachama」から。
飯田香織は「地中海レーベル」から。(こいつCD出してたのか?)
中澤裕子は「Zetima」から出していたりするし、ホントバラバラ。

まぁ、どうでもいいんだけど。。。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
エレファントカシマシ / かけだす男 (アルバム「ココロに花を」)

久しぶりに聞きたくなったので、CDレンタル屋でついつい借りてしまった。
「環八」とか東京の地名が出てくる。
疾走感がたまらない一曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノキ、ボンバイエ

設定6のイノキジジンを一日ぶん回して初の万枚達成!
オシゴトなんで嬉しさ半分だけど・・・

昼過ぎには6000枚出てたのだが、
そこから夜まで猪木はダンマリきめこむのでした。

19時頃に一気に4000枚って感じで万枚にありつけた。

それにしてもバケをひかねぇ。
6500回まわしてバケが9回だとよ。
しかも途中の4000回転はTCとバケひかず。
BIGだけで凌いでました。

今度は自力で達成したいなぁ。


余談ですが、「ボンバイエ」とは、正確には『ボマ イェ(Boma ye)』で、
直訳すると「彼を殺せ、やっちまえ」という意味。
リンガラ語という言葉らしいです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
中ノ森バンド / ラズベリーパイ

一発屋のにおいをプンプンにおわせる、ティーンガールズバンド。
深夜テレビの放送修了間際に音楽紹介番組があるのだが、
そこでかなりプッシュされている。
かわいいだけがとりえです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハロプロとエイベックス

近年、音楽業界の衰退がハッキリしてきた。

世間ではWinmxやWinnyといった
ファイル共有ソフトの氾濫が原因だと言われているが
果たしてこれが業界に大打撃を食らわせる大要因であろうか?

僕はそうは思わない。

なぜならファイル共有ソフトを使っている人間は
ある程度の知識と、こういったことに興味をもった少数の人間だろうから。

一番の原因はCDの需要が全体的に減ったことであると思う。
5年程前から携帯電話が急速的に普及し、
それは小・中学生と言った若年齢層まで至った。
この若年齢層がJ-POPSの大きな需要層であるが、
彼らは今までCDを買っていた、お金は携帯代を払うために使われるようになった。

これが一番の原因ではないだろうか。

それともうひとつの要因はレコード会社にある。

「4週連続マキシシングル発売!」
「マキシシングル2曲同時発売!」

「そこそこヒットしそうな曲が2つできた。だから分けて売ろう。」
アルバム1枚にまとめて売ればいいじゃないか!
この腐った商売精神が音楽業界を衰退させたと思う。

アルバムを見ても明らかだ。
ラインナップは以前売れたシングルがほとんどを占める。
これじゃあベストアルバムと変わらん。

10年ほど前のアルバムといえば、シングルが半分かそれ以下で
新作が結構あって、そこから人気の出る名曲が生まれたりすることも
珍しくなかった。

この体制を先だって取ったのは、おそらく
ハロプロとエイベックスだと思う。
そして、自分で悪くさせた業界を共有ソフトのせいにして
CCCDを導入。

無駄だって!!

そんなの簡単に解除できるやつしか、共有ソフト使ってねーよ!

そして、あえなくCCCDはアーティストの判断に任されることになり、
事実上の失敗。

もっと質のいい曲作ってくれよ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
zone / 笑顔日和

今年の4月1日を持って解散するzone。
プリンセスプリンセスとまではなれなかったけど、
がんばったほうじゃないかな。
最後のシングルとなる、この曲はzoneらしさが出ていて
いいんじゃないかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒキ負け

設定6の銭形を一日ブン回して
5万負け。

いくら仕事だといって、懐が痛まなくても
精神的に滅入る。


終わってから時間調整のため、
長岡京市のフリー雀荘へ。

やっぱツイてない。
持ってきかたが尋常でない。
不要牌もってきたから真っ直ぐ捨てたら
モロスジひっかけのカンチャンに突き刺さる。

「スジを追ったわけじゃねーんだよ!」

って言いたいとこだが、恥の上塗りになるだけ。

ラス、3着で。2本目にしてオカワリ。
そこから、トップ、2着、そして3万点差をオーラスにマクってのトップ、2着で
650円浮きまで返した。

かなりのキレっぷりで打ってました。
チップも抜いたりました。

でも、てんごちゃんで噴いてもなぁ。

ツカンツカン。。。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
bird / 髪をほどいて

大沢伸一が立ち上げたレーベル「realeyes」からデビューしたbird。
ハウスやラテン系要素を取り入れたR&Bを主体に活動していたが、
realeyesから卒業。その後、さまざまなプロデューサを迎える形をとるようになる。
この曲は「キリンジ」によるプロデュース。

この曲は、とにかくすごい。コードの進行が、うまく期待を裏切ってくれる。
野球で言えば全球「ナックルボール」みたいな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンキーズ旅行 ファイナル

毎年恒例となっていたジャンキーズ・スキー旅行も
これだけ大人数で行くことは最後となるだろう。

今回は総勢9名と,いつもより少なめではあったが,
毎度のこと,事件があり,伝説が生まれ,いろいろあったが,
総括してみれば,楽しかったし,行ってよかったと
俺自身,そして参加者みんなが思ってくれたと思う。

では,今回の旅行の片鱗を再現していくことにする・・・
 
 
 
《エピローグ》
今回の旅行は,野沢温泉のゲレンデがすぐ後ろにある
とある民宿に泊まることになった。

京都駅に集合した我々は,契約した旅行会社から
別の旅行会社のバスに回され,
しかも,どうやら狭いバスに変えられた。

まぁこれくらいのことでは,ヤカラ集団の俺たちでもキレたりはしない。
大人になったものだ。
 
 
 
《1日目》
我慢しながらバスに乗ること7時間。
目的地に到着した。

趣きのある概観で,玄関にはいたる所に置き物が置いてある。
なかなかイイ宿に来れたなと思えた。

部屋に入るまでは・・・。

案内された部屋は8畳の部屋を2つ。
8畳っていっても,畳ひとつの大きさが小さいので
荷物置くところ考えると,布団が4つひけるかどうか。
ここに5人は狭すぎる。
トビラはベニア1枚仕様だし,壁は激薄。

ちなみに隣りはスキー全日本ジュニアの団体が宿泊。
これでは夜騒げない。

無理矢理5人にさせられた感があちこちに見られるので,
文句を言いにフロントへ。
しかし,部屋は満室であったため仕方なく我慢。

着替えてスキー場に向かう我々。
天候・雪質ともに良好。
ゲレンデも広く,滑るに関して問題なかったことが幸いだった。

スキー場から戻ってきて晩ご飯。
出されたご飯を見て,
あれっ?これだけ?
どれも給食センターで作られたようなご飯で
しかも冷たい。
なんじゃこりゃ。

まずい晩飯をほどほどにして,
俺たちは夜の街に繰り出した。

3組くらいに分かれて温泉に入ったあと,
みんなは「おでん居酒屋」に入った。

これが,大当たりだった。
旨い!
そして,おでん1品100円オールで酒も安い。
店員さんの雰囲気も気に入ったし,
そこで俺たちは,「北光」という旨い熱燗を2升,野沢菜を2kgなど
バカ食いした。

このあと,部屋に戻って騒ぐつもりだったが,
スキーの疲れと飲みすぎたせいで,半数が即寝。
残りも部屋飲みしながら,しゃべっていたけど,
間もなく寝てしまった。
 
 
 
《2日目》
フロントから朝食のコールで起床。
精進料理に毛が生えたくらいの朝飯に
もう,文句言うのも面倒くさい。

さっさとスキー場に出かける俺たち。

今日で1人先に帰ってしまうので,
全員でゴンドラ1本分,全長3kmくらいであろうかのコースで
レースを行った。
ハンデは先頭と最後尾で10分くらいあったが,
終わってみれば途中でクラッシュした,にーやん以外は,
2~5位間は2秒差間隔くらいと接戦になった。

レース結果:藤→垣→園→布→澤→中→河→寛→高


晩飯まえに,食料を買い出しに行き
そこで買った「のりたま」を晩飯に持っていくという
荒業をしでかした人間もいた。

そして毎年恒例のジャンキーズ飲みが始まった。
用意されたアイテムは,「いいちこ」「ウォッカ」「ウイスキー」「梅酒」。
昨日行った,おでん屋のおでんをテイクアウトした。
「UNO」を使って,その場で考案したカード引きが面白く,
集中攻撃を受けたウノさんが,数時間後廊下でぶちまけた。
 
 
 
《3日目》
昨日の晩,フロントから大部屋に移動してくれと言われ
移動先に案内されると,
なんとそこは,1階の食事処として営業している場所の
すぐ横の座敷であった。
普通なら荷物を一時預かっておいたり,
チェックインがまだの客用の更衣室だったりするような場所だ。

唖然とする我々。
暖房は決してその部屋をカバーしきれないハロゲンヒータ1台。
トビラには鍵はなく,金庫もない。
ただ無駄に広いだけ。
日中でも寒い。寒すぎる。

そこで,精華町のマル暴を筆頭に一同の
フラストレーションが一気に爆発した。

フロントに文句を言い,そしてツアー会社に電話。
学生だからと言って舐められてる?!

我々の怒りを倍増させたのは,
フロントのババアのふてぶてしい態度だった。
誠意が全くもって見られない謝り方。

めったにキレそうにない,(藤)氏も
アツくなっていた。

こっちの言い分に対し,
「じゃあ,どうしたらいいんですかぁ?」
と言ってくる始末。
客商売やってるんだったら,もっとすることあるだろうが,普通。

結局,こんなところに泊まってられないので,
別の旅館を探してもらい,移動した。

荷物は,この民宿の軽トラで運んでもらうことになった。
俺は,荷物見ておくために同乗したのだが,
運転した,例のババアが俺に向かって一言。

「(軽トラを指して)すいませんねぇ,うちのベンツでー」

ハァ?お前全く反省してないのか?
こんなけ客に不愉快な想いさせといて。
普通の神経ならなんも言えへんやろが!
俺は呆れて,何も言い返せなかった。

そして,旅館は今までいた場所と比べ物にならないくらい
広くて,応対がヨカッタのはいうまでもない。

移動して部屋に落ち着いたのは,昼の1時を過ぎていた。
園さんと,にーやんだけは部屋で寝て,
残りのメンバーは短時間であるがスキー場に向かった。

全身タイツの少年達がジャンプ台から飛んでいるのを見た。
オリンピックの競技種目より,ずっと小さいジャンプ台でやってたけど,
間近でみるとすごかった。
やっぱあれは自殺行為だわ。

旅館に帰ってきて,晩飯を食べた。
前日までとは,雲泥の差のメニューである。
机はひとり用の食事机にいろんな種類の料理が並んでいる。
馬刺し,焼肉,魚の煮物,ハンバーグ,酢の物など。
味も申し分なかった。

風呂に入ってから,今日も部屋飲みが始まった。
今日はトランプを使って,ゲームをやった。
よく即席でこんな面白いゲームが思いつくものだ。
今日もおでん屋でテイクアウト。
持ってきた酒もほぼ空いた。

俺は快適な部屋で,知らないうちに眠りに着き
そして,朝を迎えるはずだった。。。。
 
 
 
《4日目》
朝起きてみると,携帯にメールが届き,
俺の携帯から写メールを撮って送られたことに気付く。
しかし,携帯からは送信履歴,写メールのデータは既に消去されており,
内容は不明。

後々,メンバーから内容を教えてもらったのだが,
鼻の穴に野沢菜を詰めた俺の寝顔が激写されたのだそうだ。
悲惨ー。
今となっては幻の写真である。

最終日のボード&スキーは筋肉痛の人間が多かったし,
連日の晴天で雪が重く,滑走コンディションが悪かったので,
あまり急なコースは行かずに,まったり滑った。

最後ウェーブでジャンプがうまくいって満足した。

晩飯は,みんなで中華料理屋に行った。
そして,帰りのバスに乗り込んだ。
 
 
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
レミオロメン / 南風

レミオロメンの新曲。アジカンや,くるりといったあたりとかぶってる気がするけど,
この曲は,無意識の内に聴いている回数が多い気がする。
肩の力を抜いて聴ける一曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

配属先~その後

就職先から配属先に関する書類が届いた。

兵庫県の山の中にとばされる可能性が濃厚だったのだが,
フタを開けてみると
京都大山崎になった。

自宅勤務が実現しそうだ。
でも,実家がとてつもなく狭いので,
お金と精神的に余裕が出てきたら一人暮らしがしたいものだ。


昨日はバイトの友達と
ラーメン食べに2度も一乗寺を攻めてきた。

昼は「高安」。
ここの「牛すじラーメン」。
今まで食べてきたラーメンランキングの
かなり上位に食い込むうまさだった。
スープにスパイスが,いい感じに効いてる。うまいっ!
そして,ここのから揚げはデカイ!
定食頼んだら,腹いっぱいでしばらく動けないくらいのボリュームがある。
ライスおかわり自由だし。

そして夜は「天天有」。
去年,店内改装をしたそうだが,
なんせ始めて行く店なので。
ここでは,ラーメン 中(1.5玉分)の温泉タマゴ入りを注文。
スープがまろやか。徹夜明けにでも食べることができる,やさしい感じのラーメン。

どっちもおいしかったけど,
俺は「高安」の方が好きかな。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
B'z / DEEP KISS (アルバム「survive」より)

今から7年ほど前に発売されたアルバムの一曲目。
この曲と2曲目「スイマーよ!」を続けて聞くのが,
B'zの中で一番好きかもしれない。
当時好きだった子が,B'zファンだったのもあって
思い入れのある曲である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

配属先

2月の末には,
就職先から勤務地の連絡が来ることになっていたのだが,

来ねぇぇぇぇ!

で,今日,先方からメールが届いた。
配属先に関しては入社後連絡します,と。

4月から2ヶ月間研修であちこち回るのだが,
そのあとの予定がまだ決まってないってのは不安だ。

うむ,かなり不安だ。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
より子 / それでいいのですか?

研究室が一緒だった友達から薦められた曲。
どうやら有線でバンバンかかっているらしい。
ピアノメインの伴奏で,「鬼塚ちひろ」みたいな感じ。
要は「黒魔道士」系。
近頃,忙しくて病んでいる人におすすめ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

発掘

人より先に,売れそうな新人アーティストを
見つけたときは
かなり嬉しいものだ。

この前,フジ系の「はねるのとびら」見ていたら
「サンボマスター」をデフォルメしたコントをやっていた。

コントの見れば一目瞭然だが,
サンボマスターはヴィジュアル的には決してよくない。

でも,歌ってる姿や歌詞に
何かひびくものがあって。

そのダサかっこよさが受けている。

俺は去年の夏くらいに
「美しき人間の日々」を聞いて
いいなぁと思った。
まさか,バラエティ番組でコントに使われるまでになるとは。

今後にも期待です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
dorlis / ひとりごとみたいにアイシテタ

dorlisに関しては,2年前の冬くらいから注目しているグループである。
まだそんときはインディースだったけど。
jazzとcountryのうまく調和したスタイルというか。

今年1月にメジャービューし,
TBSの新番組ドラマ「汚れた舌」の主題歌に抜擢されるという
ステップアップを遂げている。

この曲はインディースのデビュー曲で,インディースでありながら
1万枚売れた曲である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんがつ,ついたち

もう3月。

学生生活も残すところ,あと1ヶ月となってしまった。
これを機会に普段会えなかった人とかに,会っておかなくては。

とか言いながら,3月初日はマージャンで始まる。
やっぱいいねぇ,この空気が。
空気って言っても,実際の空気はサイアクだけど。
今日なんて,S君はゴホゴホ咳しながらやってた。
風邪とか言ってたけど,ありゃあ絶対風邪によくないよ。

ヤニの充満した,換気のクソ悪い雀荘で,
仲間内で,バシバシ・・・

セイガク冥利に尽きます。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
Sound Schedule / スペシャルナンバー

大阪出身のアーティースト。このPVにはMBSのMusic Egdeの司会してる
U.K.がでてたりする。
U.K.って名前は,子供の頃英国留学してたからって言うけど,
実は本名が,楠雄二朗(くすのき・ゆうじろう)だったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »