« 女,30歳。 | トップページ | 息子 »

打突の機会

時々,映画「バトルロワイアル」みたいなことが起こったらどうなるだろうか
と考えることがある。

まわりの人間を殺して,
そして食料も自分で探し出し,

只々,生き延びる日々・・・。

俺はたぶん最後の方まで生きられるだろうな。
うん,間違いない。

こういった状況で生きながらえることってのは,
現実の社会で最も大事な要素だと思う。

非力でも瞬発力で相手を倒すことはできる。
身の回りにある物の性能をフルに使い切る能力。
要は柔軟な発想,切り替え。


参考までに,剣道における打突の機会を紹介。

1.出 頭 (起り頭)
2.技を受け止めたところ
3.技を尽きたところ
4.実を避けて虚を打つ
5.急がせて打つ。
6.居付いたところ
7.弧疑心が生じた瞬間
  弧疑心とは、疑惑する心をいう。その心が生じた瞬間を打つ。
8.その他、息を深く吸うところ、四戒(驚懼疑惑)の生じたところを打つ。

これは剣道だけでなく,格闘技だけでなく,
相手との心理的やり取りにも有効な事項だと思う。

メンメン。。。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
smile / 僕は僕であればいい (1995年)(シングル「昨日の少年」のc/w)
一人暮らしの夜が切々と描かれた歌詞に共感する。

|

« 女,30歳。 | トップページ | 息子 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79492/2909488

この記事へのトラックバック一覧です: 打突の機会:

« 女,30歳。 | トップページ | 息子 »