« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

卒業論文

やっとの思いで卒業論文発表がおわり,
卒業研究から解放された。

やっぱり学部レベルで研究できるものってのは
痴(し)れているのだろうか。
教授のレベルの高さに,ただただ関心させられるものだった。

だとしたら,教授は生徒にシゴトをさせるだけにしたほうが
もっと効率よく研究が進むのではないだろうか。


そして,他研究室間の連携がてんで取れてないということ。
大きくいえば他大学との連携。他の研究機関との連携・・・。

だれか一人が確認すればいいことを

どこかの誰かが,全く同じことを研究してる。


もっと連携が取れれば研究は格段に進むと思う。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
Nao / 時世
NaoっていってもAV女優のNao.ではないので注意。
透き通った声で,説得力のある声質がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

看護士に魅せられて

就職に際して,会社からの指示で健康診断行って来た。

京都市内の某病院。
国立病院ではないが,大病院の部類に属するだろう。

血液検査,聴力,視力,レントゲン,尿検査,心電図,そして問診。

占めて19000円。

治療でないから,保険利かないのだ。
持ち合わせはあったものの,しばし躊躇した。


・・・視力検査の看護士がメッチャ態度悪くてキレそうになったけど,
そういうやつは除いて,
やっぱ看護士はかわいく見えるもんだと思った。

あの制服が,本人を引き立たせてるには違いないけど,
そんなことより重要なポイントは,

病院で健康体の人間は,医者と看護士くらいなのだ。

病んでるやつらばっかの中にいれば,
そりゃ多少かわいくなくても,かわいく見えるもんですわ。

もっと客観視できる目を養わねば・・・早々。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
世理奈 / 行方知レズ (シングル「稲村ヶ崎」c/w)
ここ最近注目の新人アーティスト。
昭和ジャズ風のテイストとなっている。
ちなみに,このシングルのCMは「友近」が飲み屋のママ役で出演。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切羽詰まる

卒論提出が差し迫っていたため,
ブログを投稿する暇がなかった。

人間,切羽詰まるとなんとかなるもんだ。

そうそう,この「切羽詰まる」と言う言葉。
物事が差し迫ってどうにもならなくなる,抜き差しならなくなる
という意味であるが,
この言葉の由来は,実は日本刀の部位の名称から来ている。

切羽とは,切刃とも書き,
鞘が普段すっぽ抜けないように,
刀の鍔元(つばもと)にある金属部のことである。

それで,敵が向かって来ているのに,切羽が鞘に詰まって刀が抜けない状態,
どうにもならないことをいう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
kazami / you (アニメ 「サムライチャンプルー」ED)
フジ系の深夜枠で放映されていた,サムライチャンプルー。
時代劇とヒップホップミュージックと現代語の融合(チャンプルー)。
絵がすごい綺麗で,斬新だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

息子

昨日,学校の帰り道に
小学校のときの同級生(女の子)とすれ違った。

その子とは,小学校時代,特に仲良くなかったし,
当然,お互い素無視。


その子は2,3歳の子供を連れて歩いてた。

近所では,その子は結婚して子供が生まれたって聞いていたが,
子供が,もう一人歩きできるまで大きくなってると,
妙に変な気分に襲われた。

早すぎるんじゃねえのか?
いや,もうそういう年だし・・・


年くったもんだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
矢野真紀 / アッシュバーン (アルバム「たからもの」より)

孤独感,疎外感がひしひしと伝わってくる。マジで名曲である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

打突の機会

時々,映画「バトルロワイアル」みたいなことが起こったらどうなるだろうか
と考えることがある。

まわりの人間を殺して,
そして食料も自分で探し出し,

只々,生き延びる日々・・・。

俺はたぶん最後の方まで生きられるだろうな。
うん,間違いない。

こういった状況で生きながらえることってのは,
現実の社会で最も大事な要素だと思う。

非力でも瞬発力で相手を倒すことはできる。
身の回りにある物の性能をフルに使い切る能力。
要は柔軟な発想,切り替え。


参考までに,剣道における打突の機会を紹介。

1.出 頭 (起り頭)
2.技を受け止めたところ
3.技を尽きたところ
4.実を避けて虚を打つ
5.急がせて打つ。
6.居付いたところ
7.弧疑心が生じた瞬間
  弧疑心とは、疑惑する心をいう。その心が生じた瞬間を打つ。
8.その他、息を深く吸うところ、四戒(驚懼疑惑)の生じたところを打つ。

これは剣道だけでなく,格闘技だけでなく,
相手との心理的やり取りにも有効な事項だと思う。

メンメン。。。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
smile / 僕は僕であればいい (1995年)(シングル「昨日の少年」のc/w)
一人暮らしの夜が切々と描かれた歌詞に共感する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女,30歳。

最近テレビをみると,30代の女優さんがすっごい気になる。

熊田曜子とか,小野真弓とか,
10,20代のグラビアアイドルだって
スキだけど,

それとは違う,
なにかがあるのだ。

キャスティングだって
決して主演女優にはならない。

でも,脇でメインを引き立ててる。
それが好きだ。

深津絵里(1973年1月11日生まれ)は
「踊る大走査線」とか,「きらきらひかる」,「カバチタレ」など,
フジ系のドラマによく出ているし,女30歳の代表格である。

それと,西田尚美(1972年2月16日生まれ)。
最近では「白い巨塔」に出てたし,「STAND UP!」にも出ていた。
あんな姉貴が欲しいもんだ。


そして,この前「ポポロクロイス(体育館編)」のCMを見て
キターッ!!!

久しぶりのヒットだった。
彼女の名前は唯野未歩子(1973年10月2日生まれ)。
「ただのみあこ」と読むそうだ。

このCM見るちょっと前に
フジ系で「東京ミチカ」というドラマの再放送やってて,
そんときも,いいなあとは思っていたけど,
再び見ると,やっぱりよかった。

この3人に共通するのは,
女,30歳。
そしてショートカット。

俺はただの年上好きなのか?
それともショートカット好きだけなのか??

まぁとにかく,この世代の女優さんが,
俺にとって
旬なのだ。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
シアターブルック / ドレットライダー
もう8年前くらいの曲になるだろうか。
NHK-FMの音楽番組のエンディングに使われていた曲である。
「荒野」,「バイク」ってキーワードに一番合う曲は
日本中探しても,これが一番だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Peugeot

今日は友達の車で「奥伊吹スキー場」までボードに行ってきた。

1年ぶりのボード。
めっちゃ楽しかった。

滑ってこけまくって,明日は筋肉痛になること必至。
あーあ,明日は真っ直ぐに体曲げて起きられないや・・・。

で,終始運転してくれた友達の車はpeugeotの406。
あのブルーライオンがトレードマークの外車である。

概観は高級車の割におとなしめであるが,
内装は至る所に高級車仕様がうかがえる,いい車だ。

ベンツなら,車の型番みれば排気量とクラスが一目瞭然であるが,
このプジョーに関しては一貫性がない。

ネットで調べてみると現行の主な型番は
206,307,406,607
型番が大きいほど値段が高い。
ちなみに406の定価は490万(参考価格)

高いけど,うなづける。。。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
sowelu / No Limit
東京出身の22歳。どこかのモデルかと思うくらいカワイイ。
それでいて歌唱力抜群だし,楽曲もいい。
R&Bがメインというところか。
先日発売されたアルバムにも収録されているシングル曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美容院

駅前にまた新たに美容院ができた。
今年に入ってから,2件目である。

美容院の数が多すぎやしないか?
気になったので,駅から学校までの1km弱の道のりにある
美容院の数を考えてみた。

俺の記憶にあるだけで,12件

その内道路挟んで向かいにあったりする店はザラ。

そんなに髪切る必要あるのか?
経営成り立つのか??

ここ数年,日本の人口は大して変わっていないわけだし,
髪を切る習慣が,急激に変化したわけでもない。

多く見積もっても,人が髪を切るサイクルって1ヶ月くらいだろうか。
(日本の理容業界の年間理容数)=(髪を切りに行く有効人口数)×(12ヶ月)
=1億×12ヶ月
=12億回

これを店舗数で分け合ってるわけだ。

極端に下がることないから,安定している業界であるが,
上限数が決まっている以上,
店舗数が増えれば,一人あたりの分け前も減る。
キビシイ業界だ。

やっぱり美容院の数が多すぎる。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
ZYYG,REV,ZARD&WANDS / 雨に濡れて 
(シングル「果てしない夢を」のc/w)


| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本の制度を見直す その2

第2弾は道路交通法について。

最近思うのは,自動車の違法車両が多すぎる。

自動車の前の席のミラーはスモークかけてはいけない(はずだ)。
プレートナンバーはつけないといけないし,
OBIS対策の赤外線を投下させないプレートも違法のはずだ。
ブルーのヘッドライトも駄目だし,
マフラー音も騒音の規制にひっかかる。

だから,
違法車両は発見次第即撤去,廃車にする。
疑いのあるやつも連行。

改造パーツ売っている店も厳重にとりしまり。
経営者は逮捕。


そうすりゃ,もっと道路は静かになるはずだ。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
mihimaru GT / H. P. S. J. (アルバム mihimarhythm より)

avex丸出しの女性Vo.と男の2人組。
この女性Vo. 以前は,浜崎あゆみのデモテープとかを歌う,
ゴーストシンガーをやっていたのだ。
そうやって聴いてみると,なんかうなずける気がする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の制度を見直す その1

日本の法律はおかしい。

おかしいことばかりだ。

第1弾は,年金について。
なんで,金がいっぱい必要な若いときから積み立てて
老後に備えるだと?

アホかっ。

金のないやつは死んだらええ。
それが寿命だ。
いやなら家族にすがれ。
国をあてにするな。

さらに気に食わないのが,年金の積み立てが国民の義務であるということ。
そして,将来自分がもらえる額が保証されてないこと。
こんな話ありえない。

こんなもの民間がやらんとあかん。
しかも任意加入で。
そうすりゃ,目の色変えて顧客争奪競争をするだろう。

まぁ心配せんでも,10年もしない内に,社会保険庁は解体するだろうが・・・。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
SKIP COWS / 白い手 (97年発売)

寒い日にはこの曲が聞きたくなる。
スガシカオ風のハスキーボイスのボーカル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブランドモノの財布

俺は服とか装飾品のブランドものにそんなに興味がない。
付加価値にそれだけの高い金払ってられないのだ。

ブランドモノがカワイイかったり,デザインがいいってのは納得できる。
持つ人がそれ相応だったらの話だが・・・。

特に気になるのがブランドの財布だ。バイトの仕事柄客の財布が目に入る。
プラダとかヴィトンとか。
ホンモノかどうか知らんが,中学生でも普通に持ってる。

だが,そういうヤツに限って財布の中身は小銭だけだったりするのだ。

ありえない!!

財布ってのは,財布の価値以上の金が入っていてナンボではないのか。
金のないやつはそんな財布持たない方がいい。

キャッシュカードだってそうだ。
いくら預金にお金が入っていても使えない
場面なんていくらでもある。

現金が一番強いのだ。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日の一曲
BEAN BAG / 夢と希望

女性ボーカルのロックバンドで,雰囲気はリンドバーグっぽい。
黒ぶちのメガネとドレッドヘアがかなりのインパクト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »